製品Q&A

尿素について

>尿素(製品一覧)へ

Q

尿素の性質を教えてください。

A

・化学式:H2NCONH2
 分子量:60.06で、無色・無臭の結晶。
・冷涼味があり、極めて水に溶けやすい。エタノールにやや溶けやすく、エーテル,クロロホルムには極めて溶けにくい。
・水溶液はほぼ中性。
・加熱すると約133℃で融解し、更に加熱すると分解してアンモニア等を生じる。


Q

尿素の精製について教えてください。

A

当社の高純度尿素は、工業用尿素を再結晶法により精製しています。
不純物が少ない高純度の尿素を取り出すのはもちろんのこと、乾燥時にアンモニア等が生じないように注意しています。


Q

尿素にはどのような用途がありますか?また、どの規格が適していますか?

A

用 途 規 格
試薬 JIS K 8731
医薬品 日本薬局方「製造専用」
化粧品(保湿剤) 日本薬局方「製造専用」
肥料 肥料取締法公定規格


Q

尿素は医薬品としてはどのように使われていますか?

A

尿素を含んだ医薬品には、角化症・乾燥性皮膚疾患治療剤(軟膏剤),神経・筋機能賦活剤(静注用),ヘリコパクターピロリ感染診断用剤,ビタミンB1・B6・B12剤(静注用)などがあるようです。


Q

尿素は保湿剤としてはどのように使われていますか?

A

尿素は天然保湿因子の一つであり、魚鱗せん、アトピー性皮膚炎、老人性乾皮症、足底部亀裂性皮膚炎等の角化性皮膚疾患治療薬の原料(医薬用)に用いられる他、グリセリン等と併用して皮膚の乾燥を防ぐ保湿剤(化粧品・ 医薬品・医薬部外品)に使用されているようです。


Q

尿素の保湿作用について教えてください。

A

尿素は、水分子と水素結合をして混じり合うことが出来ます。
水と尿素は非常になじみがいいのです。
また、 尿素には皮膚表面の角質を除く働きがあります。
それは尿素分子がタンパク質分子の水素結合の間に割り込んでその構造を破壊し、溶かしてしまうことによります。
その結果、尿素は皮膚の乾燥を防いで潤いを保つだけでなく肌をツルツルにする作用も合わせ持つことになります。


Q

化粧品原料規格がなくなりましたが、その代わりにどの規格の尿素を使用すればいいですか?

A

当社製品では日本薬局方【製造専用】尿素をお薦めしています。


Q

尿素の安全性について教えてください。

A

尿素は消防法、毒物及び劇物取締法の適用は受けません。しかし、尿素は火に触れると分解して有毒なアンモニアガスを発生する可能性がありますので、火に対 しては注意が必要です。また、大量に吸入したり繰り返し接触したりすると、呼吸困難,皮膚障害,結膜炎等を起こすことがあります。したがって、大量の尿素 を取り扱う場合には保護具(手袋,メガネ等)を着用してください。
(マウス経口毒性 LD50:11,500mg/kg)


Q

個人はどこで購入できますか?

A

用途(規格)に応じて異なります。

試薬・工業用 試薬販売店(商工会議所にお問い合わせください)
医薬品・化粧品用 薬局・薬店
肥料用 園芸ショップ・ホームセンター


Q

35%の尿素水溶液を作るにはどのような材質の溶解タンクが適していますか?

A

35%の尿素水溶液は常温で作ることができます。タンク材質はSUS*1、ポリエチレン、ポリプロピレン、FRP*2等が適しています。
ちなみに、尿素の溶解度は、
0℃:40.0%,10℃:45.7%,20℃:51.9% です。(w/w%)
よって低温でも作ることができます。
*1 SUS・・・Steel Use Stainless:ステンレス鋼
*2 FRP・・・Fiberglass Reinforced Plastics:ガラス繊維強化プラスチック

なお、当社では40%尿素水を製造・販売しています。


◆当社製品

尿素, urea

尿素,紙袋

内装:アルミラミネートフィルム
外装:クラフト紙(3層)

>紫外線吸収物質を低減した高純度尿素もあります。


品質表はこちら
研究開発のページはこちら




Copyright © 2019 Takasugi Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

このページの上部へ