環境

2016年度の環境目標とその取り組み

環境方針に基づき、次のような取り組みを行っています。

省資源・省エネルギー

・エネルギー原単位の向上に努めます。
・製品輸送の高効率化に努め、CO2 の発生を低減します。
・容器,設備の洗浄方法を継続して見直し、洗浄水の削減に努めます。

省資源・省エネルギーimage

産業廃棄物の削減

・分別収集を継続して実施し、資材のリサイクルを推進します。
・分析廃液の処理方法を工夫し、廃液量の削減に努めます。

工場騒音の抑制

・機械装置の稼働音、車両の走行音等、工場から発生する騒音の低減に努めます。

産業廃棄物の削減image

2016年度のISO14001:2004活動の結果

省資源・省エネルギー活動の推進

1.ポリ缶のリユース

使用済みポリ缶は回収し、当社で責任もって洗浄・再使用する、環境に優しいシステムを採用しています。

2.消費電力削減への取り組み

工場内照明に高効率電灯を導入し、電力消費を抑えました。

3.エネルギー原単位の向上

製造プロセスの改善などを積極的に行い、エネルギー原単位の低減を確実に実施しています。
製品の不良率低減、燃料・原材料のロスを削減する取り組みを実施しています。

4.製品輸送の高効率化に努め、CO2 の発生を低減しています

小口配送方法を見直して、配送回数を削減しました。
大型車を活用し輸送の効率化に取り組んでいます。
モーダルシフト(鉄道や船舶輸送の利用)を可能な限り実施しています。

省資源・省エネルギー活動の推進image

産業廃棄物の削減

・廃棄対象ポリ缶は樹脂の原料へ完全リサイクルしています。
・分別収集を徹底し、金属類、段ボール・紙類のリサイクルを積極的に実施しています。
・容器, 設備の洗浄方法を見直し排水量の削減に努めています。また、排水には特に注意を払っており、厳格なシステムで制御・監視しています。
・排水の削減が進んだことにより、排水ピットで回収する汚泥の量を50%削減しました。

騒音防止

隣接するマンションなど、地域にご迷惑をおかけしないよう、日々改善に取り組んでいます。

・構内の路面補修を定期的に実施し、車両走行時の騒音低減に努めています。
・フォークリフトを、排ガス・エンジン音が発生しないバッテリー車への切り替えを順次行っています。
・原料・製品を運搬する大型車両の騒音でご迷惑をおかけしないよう、朝の作業開始時間を1時間繰り下げ7時30分としました。
・防音壁を南側水路に沿って設置し、構内からの音モレを低減しています。
・機械の消音装置の能力を大幅に向上させました。

災害予防

・5S活動、設備メンテナンスに重点的に取り組み、設備不良による事故発生を予防しています。
・安全衛生パトロール、環境パトロール、危険予知訓練により、いつも厳しい視点で職場を点検しています。
・もし災害が発生した場合、被害を最小限に止めるための緊急事態訓練を繰り返し実施しています。

Copyright © 2018 Takasugi Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

このページの上部へ