環境

2005年度の環境目標とその取り組み

環境方針に基づき、次のような取り組みを行っています。

省資源・省エネルギー・CO2削減

・生産ロスの低減により、電力、重油、純水の使用量削減に努めます。
・お客様と相談し、通い容器を専用化するなどして、洗浄水の削減に努めます。
・電子化によるペーパーレス運動、両面印刷を行い、コピー用紙の使用量削減に努めます。
・不要時の消灯や機械運転の効率化等、省電力に努めます。
・輸送トラックの運行管理を強化し、軽油の節約に努めます。
・乾燥効率のアップを研究し、エネルギーの節約に努めます。
・輸送手段を見直し、例えばトラックから鉄道に切り替えることにより、CO2の削減に努めます。

省資源・省エネルギーimage

産業廃棄物の発生抑制・削減(リサイクル・再使用)

・お客様のご協力を得て、包装の紙袋をクラフト3層から2層へ切り替えます。

・使い捨て容器を、極力通い容器(ポリ缶)に切り替え、使い捨て容器の材料である段ボール、プラスティックの廃棄物削減を図ります。

・受け入れ原料の包装資材を使い捨てから再使用できる包装資材に切り替え廃棄物の削減を図ります。
・分析廃液の処理方法を工夫し、廃液量の削減に努めます。
・分別収集に努め、廃棄物のリサイクルを図ります(鉄くず、空ポリ缶など)。

産業廃棄物の削減image

水系の汚染防止と敷地境界線における騒音の抑制

・廃液の再資源化に努め、排水量の削減に努めます。
・雨水分離を行い、排水量の削減に努めます。
・騒音発生箇所の囲い込みを行い、騒音の外部漏洩を防止します。

工場排水量の削減image

その他の取り組み

・当社事業が適用を受ける法律を遵守するため、法律施行・改正の動向に留意します。
・PRTR法を遵守し、環境汚染防止に努めます。
・特に毒劇物の販売に当たってはユーザーの用途を把握し、環境汚染防止に努めます。
・ISO 14001を積極的に運用し、危険箇所の発見、対策の実施に努めます。
・機械設備のメンテナンスを強化し、流出等のトラブルの予防に努めます。
・社内教育や緊急事態対応訓練をしっかりと行い、社員の意識向上、危機対応能力向上に努めます。

その他の環境への取り組みimage

2005年度のISO14001:1996活動の結果

省資源・省エネルギー活動の推進

1.ペーパータオル、ボックスティッシュの削減

前年比 60%減

2.コピー用紙の削減

前年比 9%減

3.デジタルタコグラフ導入による燃費改善

前年実績継続中

4.昼休みの消灯

前年実績継続中

省資源・省エネルギー活動の推進image

産業廃棄物の削減

1.廃棄フレコンの削減

年間廃棄量 前年比 20%減

2.分析廃液の削減

前年比 48%減

工場排水量の削減

1.コンテナ洗浄排水、工場使用水の削減

前年実績継続中

工場騒音の抑制

1.フォークリフト運転基準見直し(走行速度10km/時以下に規制)
2.設備の点検・メンテナンス強化による発生源の消音

資源の有効活用

1.廃プラスチックの分別回収開始

Copyright © 2016 Takasugi Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

このページの上部へ