品質

品質管理

GMPおよびISO9001:2008に基づいて、
製品の開発、製造、検査、販売を行っています。

ISO9001:2008登録証

登録証

品質方針

1.お客様の信頼と満足の得られる製品作りを実現する。
2.品質向上のために、品質管理の継続的改善に努める。

取得範囲

医薬品、試薬、食品添加物、化学工業薬品等の製造及び販売

ISO9001:2008

常に厳しい目で製品を評価しています。

高精度の分析を行っています。

機器分析設備の拡充を進め、より精度の高い分析をタイムリーに実施できるようにしています。
社外分析センターおよび大学の研究施設と連携し、社内では実施できない分析項目にも対応しています。

製品の安定性を評価しています。

製品を製品荷姿のまま保管できる環境試験室を設置し、製品の温度・湿度の変化に対する安定性の評価を行っています。
評価結果に基づいて、製品の品質保証期間を設定しています。
蓄積したデータは、お客様のニーズに応じて適宜ご提供しています。

品質保証

お客様に当社製品を安心して使用していただける製品作り、製品情報提供など、お客様によりご満足いただける高杉の品質保証(ブランド管理)を 目指しています。

独立した3つのシステムによる情報の管理を行っています。

販売管理システムにより受注から出荷までの情報がトレーサブルになっています。

お客様からの受注、原材料の入出庫管理、生産情報管理、製品の在庫管理、試験成績表の発行管理、製品の出荷管理を一つのシステムの中で管理しています。

品質管理システムにより製品分析結果を製品ロット毎に管理しています。

製品の分析結果を評価し、出荷の可否を判定しています。システム内のすべてのデータは改ざんできないように設計されています。
判定結果は、販売管理システムに別途取り込まれ試験成績表を自動発行する仕組みになっています。

文書管理システムにより文書が常に最新の状態を維持するよう管理しています。

社内の管理文書はすべてシステム上で管理されています。
文書の登録、改訂はシステム内の定められた承認ルートで承認されるようになっており、履歴管理がシステム内でできるようになっています。
お客様と締結する仕様書等も閲覧できるようにしています。

社内LANによる情報の共有を行い、
お客様のニーズが常に会社全体に行き渡るようにしています。

販売管理システムと文書管理システムは、社内LAN上に展開されており、
社員は各自に付与された権限に応じて必要な情報を入手することができる仕組みになっています。
仕様書等をLAN上に公開することで、お客様のニーズが社内に明確に伝わるようにしています。

お客様のニーズに沿った技術、安全情報の調査、提供を行っています。

1.有害化学物質含有情報に関する調査および情報提供を行っています。
2.SDSをホームページ上に公開し、お客様が自由にダウンロードできるようにしています。
3.一部の製品について技術資料を作成しホームページ上に公開しています。
4.製品カタログ、ホームページ等に製品に関する法規制情報を掲載しています。

品質管理
システム

成績表情報

文書管理
システム

販売管理
システム

社内LAN

社員

社内LANによる情報の共有

Copyright © 2015 Takasugi Pharmaceutical Co., Ltd. All rights reserved.

このページの上部へ